ケモタイプの精油とは?


ケモタイプの精油 ローズマリー



ケモタイプとは?

 

ケモタイプとは、「Chemo(化学)」と「Type(種類)」を合わせた言葉で、「化学種」という意味です。

ケモタイプの精油とは、生物学的に同じ植物なのに、精油成分の構成が異なる精油のことです。

学名が同じでも、植物が育った土壌や気候、遺伝的要因などにより、含まれる成分が大きく違う場合があります。


例えばローズマリーは、ローズマリー・シネオール、ローズマリー・カンファー、ローズマリー・ベルベノン、3種類のケモタイプがあります。

生活の木は、以前は3種類とも取り扱いがあったと思うのですが、現在はシネオールとカンファーの2種類です。


ローズマリー・シネオール精油/Rosemary cineole - 生活の木 オンラインストア


ローズマリー・カンファー精油/Rosemary camphor - 生活の木 オンラインストア

フロリハナは3種類ともあります。


ローズマリーシネオール精油(エッセンシャルオイル・アロマオイル)・オーガニック - フロリハナ公式通販


ローズマリーカンファー精油(エッセンシャルオイル・アロマオイル)・オーガニック - フロリハナ公式通販


ローズマリーベルベノン精油(エッセンシャルオイル・アロマオイル)・オーガニック - フロリハナ公式通販



ケモタイプの誤解

 

上記のリンクを開くと、ケモタイプについての説明が書かれていますが、私は長らく、ケモタイプについて間違った解釈をしていました・・・。

ケモタイプの精油は、プラナロム社しか扱っていないのだと思っていました。

また、プラナロムの精油は、全てケモタイプだとも勘違いしていました・・・。

ケモタイプの精油は、ローズマリー、タイム、バジルが代表的で、そんなに多くはないようです。

バジル・・・バジル・リナロール、バジル・チャビコール

タイム・・・タイム・ゲラニオール、タイム・リナロール etc..


ケモタイプの誤解は、他にもあるようで、「ケモタイプ精油=しっかりと成分分析した品質の良い精油」というような解釈をされてる方もいらっしゃるとか・・・。

そんな誤解が生まれた原因は、プラナロムの販売元が「ケモタイプ」という言葉を商標登録したことで、他のメーカーさんがケモタイプの精油を取り扱っていても、商品名にケモタイプという言葉を使えない状況になってしまったからのようです・・・。

特許庁のサイトで検索したところ、確かに商標登録されていました。

なんだか面倒なことになっていますが、商品の説明には使えるようで良かったです!

これからアロマテラピーを始める方は、どうか誤解されないように。





lumiere_logo.jpg

ルミエール・クルール

AEAJ認定アロマテラピーインストラクター/健康管理士一般指導員/ハンドメイド作家

​アロマテラピーのこと、ハンドメイドのことなど、日々のことを綴っています。

よく読まれる記事

プロフィール

CATEGORY

最新記事