ハンドメイドサイトで精油を使った商品を販売する際の注意点


手作り石けん


ハンドメイドサイトで販売NGの商品は?

 

日本では精油は雑貨扱いのため、今のところ、精油や植物油、アロマテラピー関連グッズなどの取り扱いに関する独自の法律はありません。

しかし、アロマテラピーは人の心と体に関わるものなので、間違った使い方をするといくつかの法律に抵触する可能性があります。

精油を使った化粧水や身体用石けんは、無許可での販売はNGです。


肌につける化粧水や身体用石けんは、化粧品または医薬部外品にあたり、製造を行うには、製造業の許可が必要です。

無許可で販売を目的として製造すると、医薬品医療器等法(薬機法)違反になります・・・。



ハンドメイド石けん



精油を使った商品を販売する際に使ってはいけないNGワード

 

精油は医薬品、医薬部外品、化粧品のいずれにもあたりませんが、精油は人体に直接的または間接的に使用されるものなので、医薬品、医薬部外品、化粧品のような効能、効果を表示した場合薬機法違反になります。


×「ラベンダー精油は不眠症に効果があります」



また、商品タイトルや説明文に、「最高」「高品質」「世界最高」「最高級」「最強」「日本一」「本物」「No.1」などの最上級を示す用語を使用している場合、これを裏付ける合理的な根拠を示す資料がなければNGです。

資料を提示できない場合、優良誤認表示にあたるとみなされ、景品表示法違反となる恐れがあります。

商品の品質が同種・類似の商品よりも著しく優良であると一般消費者に誤認を与える表示は不当表示とみなされます。

参考資料:『AEAJ』広告内表現についてのご注意

一人の作家さんが、NGだと気付かずに販売を始めると、他の作家さんも、「販売してもOKなんだ!」と勘違いして、同じように販売を始めて・・・


ルール違反の商品が増えてしまうと、最悪の場合は、、「ハンドメイドサイトで精油を使った商品の販売は禁止!」なんてことにもなりかねないので・・・

精油を使った商品を販売する作家さんは、一度、アロマテラピーの関連法規を学んでから出品された方が安全です!

アロマテラピーに関係する法律については、アロマテラピー検定1級で学びます。

検定を受けなくても、、精油を使う商品を販売される方は、ここだけは読んでほしいです!

他にも関連する法律がいくつかありますので、アロマテラピー検定のテキストをご確認くださいね。

(公社) 日本アロマ環境協会 | 検定・資格 | アロマテラピー検定 | 公式テキスト



lumiere_logo.jpg

ルミエール・クルール

AEAJ認定アロマテラピーインストラクター/健康管理士一般指導員/ハンドメイド作家

​アロマテラピーのこと、ハンドメイドのことなど、日々のことを綴っています。

よく読まれる記事

プロフィール

CATEGORY

最新記事